食事券の利用期間の再延長について

ジャンル:

2021年5月11日

食事券の利用期間の再延長について

項目 変更前 変更後
食事券の利用期限 令和3年5月16日(日) 令和3年5月31日(月)
(事業者・飲食店舗)回収した使用済み食事券の換金期限 令和3年5月31日(月) 令和3年6月15日(火)

※食事券の利用期限を5月末日まで再延長いたします。
※なお、新型コロナウイルス感染症の拡大状況や、それに伴う飲食店舗営業時間の「短縮要請」や「とくしまアラート」のステージ状況等により、上記の期間を変更する場合があります。
※食事券には「有効期限2021年3月15日まで」と記載されていますが、5月31日まではそのままご利用いただけます。
※事業者・飲食店舗にて回収した使用済み食事券の換金期限は6月15日までとなります。それ以降は換金に応じることができませんのでご注意ください。

食事券販売及び飲食店事業者申請受付の終了について

ジャンル:

2021年4月30日

2021年4月30日(金)をもちまして「食事券販売」及び「飲食店事業者申請受付」は終了いたしました。
食事券の利用は引き続き2021年5月16日(日)まで可能です。

2021.4.21:食事券の販売と御利用について(お願い)

ジャンル:

2021年4月21日

>>既存食事券利用制限についての案内文書

徳島県内での新型コロナ感染症の急速な感染者数の増加に伴いまして、4月20日午後9時から、「とくしまアラート」の区分を引き上げ、国の基準「ステージⅢ」に相当する「とくしまアラート・感染拡大注意『急増』」が発動されました。このことより、行政機関との協議の上、今後の徳島県内のGo To Eat キャンペーンプレミアム付食事券の利用につきましては、下記の運用とさせて頂きます。このことについて同意していただいた上で、食事券の御購入・御利用いただきますよう、何卒御理解と御協力をお願い申し上げます。

(1)食事券の御利用の際には、飲食店が「新型コロナ感染拡大予防ガイドライン実践店ステッカー」や「事業者スマートライフ宣言」を掲示し、感染症対策を実践されている店舗を選ぶなど、感染拡大の予防の御協力をお願いします。
(2)食事券は、原則「4 人(子ども、介助者等を除く。)以下の単位」での飲食で御利用できるものとします。但し以下の場合は例外となります。
※同居する1家族のみで利用する場合はこの限りではありません。
※5名以上で利用する場合、テーブルの間隔を空ける、アクリル板で仕切る等、4人以下の単位となる席の配置が可能な場合はこの限りではありません。
(3)食事券の「午後9時以降の御利用」は控えていただくように御協力をお願いします。
(4)食事券の利用は、マスク会食や本キャンペーン加盟店舗が運営するテイクアウト(持ち帰り)とデリバリー(配達)を推奨します。
※上記を遵守の上、食事券の御利用は令和3年5月16日(日)まで御利用いただけます。

>>感染拡大注意急増チラシ

>>感染リスクが高まる5つの場面

>>マスク会食で守ってほしいこと

食事券の販売期間及び事業者・飲食店舗の募集期間の再延長について

ジャンル:

食事券の販売期間及び事業者・飲食店舗の募集期間の再延長について

項目 変更前 変更後
食事券の販売期限 令和3年3月31日(水) 令和3年4月30日(金)
食事券の利用期限 令和3年4月15日(木) 令和3年5月16日(日)
事業者・飲食店舗募集期限 令和3年3月31日(水) 令和3年4月30日(金)

※食事券の販売期間・利用期間、飲食店舗の募集期間を1カ月間再延長いたします。
※今後の新型コロナ感染症の感染状況や緊急事態宣言の発出等により上記の期間を変更する場合があります。
※食事券には「有効期限2021年3月15日まで」と記載されていますが、5月16日まではそのままご利用いただけます。
※事業者・飲食店舗にて回収した使用済み食事券の換金期限は5月31日までとなります。それ以降は換金に応じることができませんのでご注意ください。

(食事券を利用される方・加盟店舗の皆様へ)外食業の事業継続のためのガイドライン改正のお知らせ

ジャンル:

「Go To Eatキャンペーン徳島県プレミアム付食事券」の加盟にあたり、加盟店舗の皆様に遵守をお願いしております、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(改正)に基づく外食業の事業継続のためのガイドライン(令和2年5月14日,一般社団法人日本フードサービス協会及び一般社団法人全国生活衛生同業組合中央会)」が令和2年11月30日に改正されました。改正点は以下のとおりとなっておりますので、本お知らせに添付されているガイドライン改正版と併せてご確認いただきますよう、お願いいたします。加盟店舗の皆様は今後も新型コロナウイルス感染症への対策をしっかりと意識いただき、引き続き本キャンペーンへのご参加をお願いいたします。
【改正のポイント(下線部分をご参照願います。)】
(利用者への依頼に関する事項)
・店舗の入り口や手洗い場所では、手指を消毒する。
・食事中以外はマスクを着用し、大声での会話は避ける。
・着座は、真正面の配置を避ける。他のグループとの相席は避ける。
スプーン、箸などの食器の共有、使い回しを避ける。
(加盟店舗において努める事項)
・テーブルは、パーティションで区切るか、できるだけ1m以上の間隔を空けて座れるよう配置を工夫する。(従来は「できるだけ2m(最低1m)」)
・グループ間もできるだけ1m以上の間隔を空ける。難しい場合は斜め座りなどを工夫する。(従来は、「横並び」を勧奨)
・ビュッフェ等は、カバー設置、小分け提供、トング等の頻繁な消毒又は交換、手袋の着用を促す等工夫する。
換気設備が不十分な店舗や個室は、十分な換気を実施する。(「CO2センサーの仕様による換気状況の把握」をガイドラインQ&Aに記載。)
・会計は、レジに透明な仕切りを設置、電子マネー等非接触型決済を推奨する。
・事業者は、店舗の事情に沿った創意工夫を行う。

※飲食店の皆様は「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(改正)に基づく外食業の事業継続のためのガイドライン(令和2年11月30日改正)」をご参照ください。
「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(改正)に基づく外食業の事業継続のためのガイドライン(令和2年11月30日改正)」

※利用者の皆様は、新型コロナウイルス感染症対策「おいしく、楽しく、安全に外食するときのお願い」をご参照ください。
新型コロナウイルス感染症対策「おいしく、楽しく、安全に外食するときのお願い」

食事券の販売期間及び事業者・飲食店舗の募集期間の再延長について

ジャンル:

食事券の販売期間及び事業者・飲食店舗の募集期間の再延長について

項目 変更前 変更後
食事券の販売期限 令和3年3月31日(水) 令和3年4月30日(金)
食事券の利用期限 令和3年4月15日(木) 令和3年5月16日(日)
事業者・飲食店舗募集期限 令和3年3月31日(水) 令和3年4月30日(金)

※食事券の販売期間・利用期間、飲食店舗の募集期間を1カ月間再延長いたします。
※今後の新型コロナ感染症の感染状況や緊急事態宣言の発出等により上記の期間を変更する場合があります。
※食事券には「有効期限2021年3月15日まで」と記載されていますが、5月16日まではそのままご利用いただけます。
※事業者・飲食店舗にて回収した使用済み食事券の換金期限は5月31日までとなります。それ以降は換金に応じることができませんのでご注意ください。

感染拡大防止策の強化について

ジャンル:

11月10日の新型コロナウイルス感染症対策分科会「緊急提言」では、「感染リスクが高まる「5つの場面」」として、「大人数、例えば5人以上の飲食では、感染リスクが高まる」ことが示されました。これを踏まえ、Go To Eatキャンペーン事業においても、食事券の利用は、原則として「4人以下の単位」での飲食とする対応を行うこととしました。各地域における感染状況を踏まえ、現時点でこの制限を導入する都道府県を以下よりご確認いただけます。
【都道府県別対応一覧】
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/attach/kansenboushikyoka.pdf
【農林水産省HP】
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/hoseigoto.html
現在、徳島県では、この制限が導入はされていませんが、今後の感染状況により制限を導入する可能性がありますので予めご了承ください。
飲食店及び消費者の皆様におかれましては、感染症予防対策への理解と協力をお願いいたします。

検索ページへ戻る